「意識高い系」新入社員が3ヶ月で辞める理由

「5月病」の時期を何とか乗り越えたかと思いきや、6月に入って早くも退職する新入社員が出始めているようだ。しかも、どちらかというと会社側が「優秀」と採用した新人に限ってだという。
「石の上にも3年」どころかわずか3か月。「5月病」ならぬ「6月病」だ。「5月病」が学生から社会人への脱皮する際の試練にやられることが多いのに対して、「6月病」は「本格的な会社人」への第一歩がスムーズに踏み出せない社員がかかってしまうようだ。
彼らはなぜたった3ヶ月で辞めようとするのか。辞める浸入社員には3つのタイプがあるようだ。

新人のタイプの1つ目は、大きい目標は漠然とあるが、足元の基本スキルが全く追いついていないタイプだ。下積み仕事ではなくいきなり華やかな分かりやすい仕事をしたがるが、まだそれだけの力が無い。自分にとっての意義が腑に落ちていないのでまるで動かない。上司から「新人だからやってみてよ」「やっているうちにわかるよ」と言われると、「この仕事の意味が分からない」「これをやりたくて入ったんじゃない」という新人の不満は溜まっていく。
ではどうすれば良いのかというと、まず新人本人が持つ「漠然とした目標」を具体化した上で、そこに「今の仕事がどう関連してくるのか」という意義を丁寧に接続してあげることだ。

2つめの新人は「優等生」タイプ。明確にやりたいことはない。そつなく、真面目に言われたことはやるが、そんな人が突然辞めてしまう。学校の成績は優秀だったが、実は失敗の経験がほとんどないので「失敗したくない」「レールから外れたくない」といった心理に陥り焦る。すると横との比較をしたがる。新人の数か月など長い社会人生活から見ればほんの一瞬なのだが、ちょっとしたさに一喜一憂しすぐに落ち込む。ちょっとしたことでストレスを抱え込みがちで打たれ弱い。こうしたタイプは「何かあれば相談してこい」と言われても、先輩社員からどう思われているのはという評価が気になり気軽に相談できない。さらに、先輩社員がこぞってアドバイスをすると結果的に本人の「逃げ道」をふさいでしまい、追い込まれた新人は「自分はこの会社ではやっていけないんじゃ」と思い詰め退職してしまうのだ。こうした社員には、上司が声をかけて早めに悩みを汲んであげてることが必要だ。

3つ目は「自信満々プライド」タイプの新人だ。上司にも議論を挑んでくるタイプだ。一部の人は「意識高い系」というくくりに入るかも知れない。この手のタイプは基本的に地頭は良いのだが、ともすると上から目線と思われがち。実際に最初から少しエラそうに振る舞い「この環境では学ぶことは少ない」などどこかで自分勝手な評価をしていることも往々にある。こうした場合、上司が議論に対峙しないと失敗に陥る。新人本人は自分にプライドがあるし、主張にも自信がある。だからこそ質問には正面から向き合い、議論してあげないと一気に新人の無駄なフラストレーションが高まる。成功するためのポイントは、うまく「失敗の経験」をさせながら自分の実力を思い知ってもらうと良いだろう。

このような様々な新人のパターンがあるので、会社や先輩社員は「対応のパターン」の引出を増やしていかなければならない。また、新人も先輩が自分が思っている以上に自分のことを考えてくれていることに気づかなければならない。そして、たった3ヶ月で決断を下すのは早い、と思いとどまることが大切だ。

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」(タイトル「めでたし、めでたし?」)「食べていいものと、食べちゃいけないものの、境い目ってどこだろう?」(タイトル「動物図鑑」)。これらは、ある人にとって当たり前に感じることでも、別の人から見ればそうでないことがあると、身近なたとえで表現したキャッチコピーだ。これらの手がけたのはコピーライターの山崎博司さん。伝えたいことを伝えるために何が必要なのか。
山崎さんは2010年に博報堂に入社。現在はアメリカの広告会社と合弁で設立した「TBWA HAKUHODO」に出向中だ。「めでたし、めでたし?」は2013年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」の最優秀賞を、「動物図鑑」は同じく、2014年度の優秀賞を受賞。コピーライターやCMプランナーの団体「東京コピーライターズクラブ」の2014年度最高新人賞も獲得するなど、気鋭の若手だ。
早稲田大学大学院で建築学を選考していた山崎さん。博報堂のインターンシップに参加したことで、コピーライターという仕事に興味を持ったそうだ。
入社後、半年の研究を終えて現場に配属された時、師匠のコピーライターから「キャンペーンコピー100本書いてきて」と言われて準備した打ち合わせ会議。A4用紙に書いたコピーを1枚ずつ見せていったものの、まったく反応がなかったそうだ。大量の汗が湧きでてきて、自分の無知さをこれでもかと思い知った瞬間だったそうだ。その後に師匠のコピーが出されると「これ、いいね」と声が上がったそうだ。ここから3年間、毎回100本ずつコピーを書き続けたそうだ。
そんな山崎さんが一気に注目を集めたのが「めでたし、めでたし?」のコピーだ。
ここには日ごろから感じていた思いを込めているという。戦争や紛争、独裁的な国家指導者のニュースを見ていて思うこと。「自分は当事者としてそこに居ないのに、この報道が正しいと判断できるか?一部の情報だけで決めてしまったら、間違うこともあるんじゃないか?」
みんなが知っている桃太郎をもとに、当たり前に使われる「めでたし、めでたし」が、異なる視点で見ればそう言えないのでは、ということを表現したのだそうだ。「広告を見た人が一度立ち止まり、自分の中にさまざまな視点を持つことの大切さを考える機脚気になれば」と山崎さんは話す。
キャッチコピーは人の目に留まり、ふと足を止めたり心に響くとその人の考えまでも変えてしまう力がある。「めでたし、めでたし?」は広告のあり方を考え直させてくれるキャッチコピーだ。

油井宇宙飛行士、7月に宇宙へ

ロシア宇宙庁は今月の9日、打ち上げが延期されていた油井亀美也宇宙飛行士ら3人を乗せて、国際宇宙ステーションに向かうソユーズ宇宙船について、7月23~25日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げることを発表した。
正式な日時は後日決定するという。
打ち上げは当初、5月27日の予定でいたが、4月下旬にロシアが打ち上げた国際宇宙ステーションISSへの無人補給船プログレスが、制御不能となる事故が発生した。そのため、ソユーズの打ち上げには補給船と共通の仕組みのロケットを使うために、事故原因を調べていたという。また、補給船は7月3日に再び打ち上げることも同じく発表をした。
ついに、日本人の油井亀美也宇宙飛行士が宇宙へと旅立つ。宇宙での任務を全うし、無事に日本に帰っ来てほしい。

ご飯に混ぜるだけダイエット

ダイエットの大敵の炭水化物。
私たち人間は1日に必要なエネルギーのうちの大半は、炭水化物から摂取しています。
なので、これを摂らないことで、高いダイエット効果は期待できます。
でも、炭水化物はなかなかやめられない・・・。
そんな方必見のダイエット方法があります!それは「糸こんにゃく」をご飯に混ぜるというもの!
ゆでて臭みをとった、糸こんにゃくを細かく刻んで、炊き上がったご飯に入れて混ぜます。ただそれだけでいいんです。
見た目持ごはんのまま!味も気になりません。
しかも、つやっとモチモチした食感になって糸こんにゃくごはんの方がおいしいとの声もあるほどです!
ぜひ、夏に向けてのダイエットに糸こんにゃくごはんをはじめてみてはいかがでしょうか?

AKB総選挙、歓喜の裏に

6日、福岡・ヤフオクドームで行われた「第7回AKB48選抜総選挙」には今年272人のメンバーが参加した。ステージ上に立ち自分の想いを伝えられるのは上位80名のみ。歓喜の裏で、残る192人はスポットライトを浴びることなく去らなければ行けない厳しさがAKB総選挙にはある。
先日20日の速報順位発表でランクインしながら、当日の発表で名前を呼ばれなかったメンバーは18人。中でもショックだったのは速報で37位にランクインしたものの本番では落選したAKBの込山榛香ではないだろうか。
総選挙の当日夜にはGoogle+で動画をアップ。泣きはらした顔と共に「ランクインしたら、動画にして、撮る気まんまんだったんですけど、壇上でも名前呼ばれなくて、感謝の気持ち伝えること出来なかったし…動画でも皆さんに嬉しさを伝えることできなかったんですけど…」と時折言葉を詰まらせながらステージでは伝えきれなかった感謝と悔しさを表した。
それでも「今年は悔しいことばかりで、これからも悔しい報告が続くかもしれないですけど、皆さんと一緒に上を目指していきたいです」と気丈に次げた。
昨年発売の「希望的リフレイン」では選抜メンバーに選ばれ、今年3月にチームBの副キャプテンに就任が発表されたAKBの大島涼花にとっても今回の総選挙は圏外と苦い結果となった。
悔しかった今回の総選挙次にどう生かしていくか。ここでくじけずに頑張ってほしい。