迷子のベルーガ

迷子のベルーガが湖に住み着き、漁師を遊ぶ姿が話題だ。
ベルーガはシロイルカ。北極圏の海に生息する希少動物で、本来は群れで生活する。北海道の能取湖には群れからはぐれた子どものベルーガ(雌)が住んでいる。
このベルーガは、ホタテを養殖している漁師の石垣洋一さん(55)によく懐いていて船を出すと寄ってくるという。石垣さんは「仕事していると、いつも寄って来て遊ぶんだ」と話す。
野生のベルーガは、好奇心旺盛だが人に懐くのは珍しい。地元の人たちも、ベルーガに被害が出ないように動き始めたそうだ。
ベルーガは、石垣さんの船のホタテのかごをたぐるかぎ状の道具で遊ぶのが好きらしく、くわえようとしてじゃれたりする。
ネットではとても石垣さんいじゃれるベルーガの写真を見ることができる。大きくなるまで見守っていきたいものだ。