スプラトゥーン、VR用を試作

任天堂のゲーム「スプラトゥーン」を、ヘッドマウントディスプレイと水鉄砲型のコントローラーを使って、VR空間に没入してプレイできるようになるかもしれない。明治大学の橋本直准教授がプロトタイプの製作過程や実際に遊んでみた動画を公開しているそうだ。
「スプラトゥーン」は、水鉄砲のような武器でインクを撃ち合う「三人称視点シューティングゲーム」。本来なら、専用のコントローラー「Wii U GamePad」を手に持って操作し、テレビ画面を見ながら遊ぶゲームだ。GamePadにはジャイロセンサーが内蔵されており、Padを傾けたり向きを変えたりするとゲーム内の視点が切り替わる。
「水鉄砲シューティングなので、やっぱりそれっぽいガン型のコントローラーでプレイしてみたい」と言う発想からプロトタイプの開発がスタート。試作第1号機ではGamePadを頭に取り付け、首振りと連動して視点が変わるようにしたそうだが、実際にプレイしてみるとガンコンの向きを変えることで銃口の向きが変わると錯覚してしまい、違和感があったという。
この違和感を払拭すべく、試作2号機ではガンコンそのものにGamePadを取り付けたそうだ。しかし、撃った時に振動する機能があることでジャイロが狂ってしまい、うまく照準が合わないことが判明。進藤機能を無くして1度は完成したが、「もうちょっとそれっぽいものにしたい」と開発を続行。背中にGamePadを背負ってプレイするアイデアを思いつき、試作3号機が生まれたとのこと。
3号機はGamePadをリュックサックのように背負うことで、体の向きと連動して視点が動くように工夫したそうだ。よりスプラトゥーンらしくするために「やっぱり水鉄砲にしたい!」ということで、市販の水鉄砲の内部に電池や制御回路を納めた新コントローラーを制作。インクを発射したり、前後に移動したりなどの基本的な操作ができるほか、トリガーを引くと「ダダダッ」と振動するギミックも搭載しているという。
橋本准教授は過去にも、初音ミクをARの技術を使って踊らせるなど、バーチャルキャラクター、アニメ、ゲームにインスパイアされた作品を発表してきたそうだ。スプラトゥーンのコントローラーについては「まだやり残していることがいくつかあるので、気が向いてアップデートしたらまたご報告します」とコメントしているとのこと。
実用的ではないが、夢があっていい。