矢が頭を貫通のカモ 無事保護

兵庫県伊丹市昆陽池にある昆陽池公園で、頭部に矢が刺さったオナガガモが見つかりました。
なので、伊丹市は10月29日、このオナガガモを保護しました。
長さおよそ10センチの吹き矢が、左目付近から右のほおあたりまで貫通していましたが、目や神経などに異常はなかったとのことです。
市公園課によると、28日の午後3時半ごろ、公園内のオナガガモとコクガンに矢が刺さっているとの通報が入りました。
市職員が昆陽池で吹き矢が刺さったオナガガモを確認しました。また、コクガンに刺さっていたとみられる矢は池のほとりに抜け落ちていたとのことです。
これを受け、市職員が29日朝から捕獲作業を開始し、餌をまくなどをしておびき寄せて、午後1時50分ごろに捕獲しました。
オナガガモは全長50センチ程度のオスで、近隣の動物病院で矢を抜くなどの治療を受けました。
数日間、公園内ケージで保護をして、その後公園内に放すといいます。