「意識高い系」新入社員が3ヶ月で辞める理由

「5月病」の時期を何とか乗り越えたかと思いきや、6月に入って早くも退職する新入社員が出始めているようだ。しかも、どちらかというと会社側が「優秀」と採用した新人に限ってだという。
「石の上にも3年」どころかわずか3か月。「5月病」ならぬ「6月病」だ。「5月病」が学生から社会人への脱皮する際の試練にやられることが多いのに対して、「6月病」は「本格的な会社人」への第一歩がスムーズに踏み出せない社員がかかってしまうようだ。
彼らはなぜたった3ヶ月で辞めようとするのか。辞める浸入社員には3つのタイプがあるようだ。

新人のタイプの1つ目は、大きい目標は漠然とあるが、足元の基本スキルが全く追いついていないタイプだ。下積み仕事ではなくいきなり華やかな分かりやすい仕事をしたがるが、まだそれだけの力が無い。自分にとっての意義が腑に落ちていないのでまるで動かない。上司から「新人だからやってみてよ」「やっているうちにわかるよ」と言われると、「この仕事の意味が分からない」「これをやりたくて入ったんじゃない」という新人の不満は溜まっていく。
ではどうすれば良いのかというと、まず新人本人が持つ「漠然とした目標」を具体化した上で、そこに「今の仕事がどう関連してくるのか」という意義を丁寧に接続してあげることだ。

2つめの新人は「優等生」タイプ。明確にやりたいことはない。そつなく、真面目に言われたことはやるが、そんな人が突然辞めてしまう。学校の成績は優秀だったが、実は失敗の経験がほとんどないので「失敗したくない」「レールから外れたくない」といった心理に陥り焦る。すると横との比較をしたがる。新人の数か月など長い社会人生活から見ればほんの一瞬なのだが、ちょっとしたさに一喜一憂しすぐに落ち込む。ちょっとしたことでストレスを抱え込みがちで打たれ弱い。こうしたタイプは「何かあれば相談してこい」と言われても、先輩社員からどう思われているのはという評価が気になり気軽に相談できない。さらに、先輩社員がこぞってアドバイスをすると結果的に本人の「逃げ道」をふさいでしまい、追い込まれた新人は「自分はこの会社ではやっていけないんじゃ」と思い詰め退職してしまうのだ。こうした社員には、上司が声をかけて早めに悩みを汲んであげてることが必要だ。

3つ目は「自信満々プライド」タイプの新人だ。上司にも議論を挑んでくるタイプだ。一部の人は「意識高い系」というくくりに入るかも知れない。この手のタイプは基本的に地頭は良いのだが、ともすると上から目線と思われがち。実際に最初から少しエラそうに振る舞い「この環境では学ぶことは少ない」などどこかで自分勝手な評価をしていることも往々にある。こうした場合、上司が議論に対峙しないと失敗に陥る。新人本人は自分にプライドがあるし、主張にも自信がある。だからこそ質問には正面から向き合い、議論してあげないと一気に新人の無駄なフラストレーションが高まる。成功するためのポイントは、うまく「失敗の経験」をさせながら自分の実力を思い知ってもらうと良いだろう。

このような様々な新人のパターンがあるので、会社や先輩社員は「対応のパターン」の引出を増やしていかなければならない。また、新人も先輩が自分が思っている以上に自分のことを考えてくれていることに気づかなければならない。そして、たった3ヶ月で決断を下すのは早い、と思いとどまることが大切だ。