スプラトゥーン、VR用を試作

任天堂のゲーム「スプラトゥーン」を、ヘッドマウントディスプレイと水鉄砲型のコントローラーを使って、VR空間に没入してプレイできるようになるかもしれない。明治大学の橋本直准教授がプロトタイプの製作過程や実際に遊んでみた動画を公開しているそうだ。
「スプラトゥーン」は、水鉄砲のような武器でインクを撃ち合う「三人称視点シューティングゲーム」。本来なら、専用のコントローラー「Wii U GamePad」を手に持って操作し、テレビ画面を見ながら遊ぶゲームだ。GamePadにはジャイロセンサーが内蔵されており、Padを傾けたり向きを変えたりするとゲーム内の視点が切り替わる。
「水鉄砲シューティングなので、やっぱりそれっぽいガン型のコントローラーでプレイしてみたい」と言う発想からプロトタイプの開発がスタート。試作第1号機ではGamePadを頭に取り付け、首振りと連動して視点が変わるようにしたそうだが、実際にプレイしてみるとガンコンの向きを変えることで銃口の向きが変わると錯覚してしまい、違和感があったという。
この違和感を払拭すべく、試作2号機ではガンコンそのものにGamePadを取り付けたそうだ。しかし、撃った時に振動する機能があることでジャイロが狂ってしまい、うまく照準が合わないことが判明。進藤機能を無くして1度は完成したが、「もうちょっとそれっぽいものにしたい」と開発を続行。背中にGamePadを背負ってプレイするアイデアを思いつき、試作3号機が生まれたとのこと。
3号機はGamePadをリュックサックのように背負うことで、体の向きと連動して視点が動くように工夫したそうだ。よりスプラトゥーンらしくするために「やっぱり水鉄砲にしたい!」ということで、市販の水鉄砲の内部に電池や制御回路を納めた新コントローラーを制作。インクを発射したり、前後に移動したりなどの基本的な操作ができるほか、トリガーを引くと「ダダダッ」と振動するギミックも搭載しているという。
橋本准教授は過去にも、初音ミクをARの技術を使って踊らせるなど、バーチャルキャラクター、アニメ、ゲームにインスパイアされた作品を発表してきたそうだ。スプラトゥーンのコントローラーについては「まだやり残していることがいくつかあるので、気が向いてアップデートしたらまたご報告します」とコメントしているとのこと。
実用的ではないが、夢があっていい。

日テレ、八名信夫さん故人表示

日本テレビで6月6日放送されたバラエティー番組の「超頭脳トレード」の番組内で、俳優の八名信夫が紹介されたとき、なんと「故人」と表示されるという前代未聞の誤りがあったという。
広告ににある仕掛けをすると、商品の売り上げが伸びるという同番組の説明の中で、番組ではその一例として青汁のCMが登場した。
「まずい!もう一杯!」というフレーズで消費者にインパクトを与え、購買効果があるとして紹介された。
しかし、そのCMに出演した八名がテロップでは、「故八名信夫さん」となっていたのだ。
なんとも失礼極まりない事態である。
ツイッターのタイムラインでは、「故ってなってた・・・」、「まだご存命のはずじゃ?」、「元気な姿をこの前テレビで見た」などのつぶやきが相次いだ。

知らないケーブル

ツイッターでとあるケーブルのツイートが話題になっている。投稿者の部屋に、見たことのないケーブルが増えていた。
パソコンやテレビなどの接続に使うあのケーブルの束に、見たことのない紫のケーブルが1本増えていたのだ。投稿者は何のケーブルなのか確かめるべくケーブルを辿ってみた。
すると・・・なんとこれはケーブルでなく放置していた長芋のツタだったことが分かった。確かによく見ると根元に向かって小さな葉っぱが生えているのが確認できる。
投稿者は、この伸びた長芋を畑に植え替えることにしたという。目を離した数日で伸びるとは、長芋の生命力はおそろしいものだ。
本当にケーブルのような太さで、見間違えるのも無理はないと感じた。

迷子のラッコ、母親と再会

海外の、とあるラッコの映像が話題となっている。
動物保護センターは、海でさまよう1匹のラッコの赤ちゃんを保護した。流れに巻き込まれて親とはぐれたと見られ、1匹だけで海に浮いていたのだという。保護した男性職員は、このラッコのお母さんを探すことにした。
船を800メートルほど動かすと、1匹の成人したラッコが発見された。そこで男性が赤ちゃんラッコを海に浮かべると、成人ラッコが赤ちゃんラッコを両手で抱きしめ、泳ぎ去った。
これ以前に見つかったラッコは、赤ちゃんラッコを見ても迎えに来なかったという。男性職員は「このラッコがお母さんに違いない」と話す。
映像を見たが、母親も1匹でいる間はばしゃばしゃと落ち着かない様子で、無事に再会できて本当に良かったと思った。